×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

アービトラージ?ブックメーカーで稼ぐってどういうこと?

 





アービトラージとかブックメーカーという言葉を聞いたことは
ありますか?


アービトラージとは、日本語に訳せば「裁定取引」となります。


では、「裁定取引」とはどういった取引を言うのでしょうか?


裁定取引(さいていとりひき、アービトラージ, Arbitrage)とは、
金利差や価格差を利用して売買し利鞘(りざや)を稼ぐ取引のこと。
サヤ取り(鞘取り)ともいう。
※ウィキペより引用


簡単に言えば、安い商品を買って、高く売れるところで売った
差益を得ることなので、一般常識的には、あたりまえのこと
なんです。


実際には、株式、証券、相場商品の現物と先物の価格差を利用して
利益を得る裁定取引をさすのが一般化しているので、最近流行の
FX(外国為替証拠金取引)や先物取引もアービトラージの一種と
言えます。


ではブックメーカーとは何でしょうか?


日本語だと、本(出版物)などのメーカー(製造元)になって
しまいますが、ちょっと違うようです。


ブックメーカー (bookmaker) とは欧米における賭け屋である。
ちぢめてBOOKIE(ブッキー)と呼ぶ。台帳 (book) をつける奴、
すなわち日本語のノミ屋を意味する場合が多い。
※ウィキペより引用



日本語のノミ屋を意味するなどと聞くと、私たち日本人は
決していいイメージを持たないのが普通です。


欧米における賭け事の歴史は古く、また日本人のイメージする
ばくち(博打)という概念とはかけ離れています。


親(胴元)だけが美味しい思いをする日本の博打とは違い、
欧米の賭け事は単純明快を旨とするので、日本語のノミ屋
のような賭け屋ではないのです。


またブックメーカー は、一部のギャンブラーのみの賭け事
というよりも、一般的な普通の人も参加するゲームとしての
側面があります。


ですから、ブックメーカーの賭けの対象は、競馬から始まり、
徐々に様々なプロスポーツや大学スポーツにひろがっていき、
今ではスポーツ以外多岐に渡る分野が存在します。


ブックメーカーで安定的に稼げるのかということについては、
ご自身で以下のサイトからご覧ください。


ありがとうございました。


月収20万円を安定して稼げる勝率100%の実践投資術!
⇒ブックメーカーで安定的に稼ぐ【リッチ番長】





インターネットから安定した収入を得たいとアフィリエイトや
株、FXなどをやってみたが稼げなかった著者が、毎月安定した
収入を得るようになった、ブックメーカーを使った実践投資術
【リッチ番長】効果 実績 検証 評判 口コミ 喜びの成功体験談







【株式投資錬金術】 【FX-Jin ジンのFX革命】 【DORA麻雀】